逆流性食道炎で来院した40代女性

11.10atsumeki225

来院動機

胸やけがひどく、嘔吐感もありげっぷもでるようになって病院に行ったら逆流性食道炎と診断。
薬を飲んでも変化がないので来院。

実際の問診票より

原因に心当りはありますか?

わからない。

日常生活で何が1番困りますか?どんなときが1番辛いですか?

目覚めが良くないのでその日がテンションが上がらない。
働きたいのに働く気持ちになれない。

 

そのほか気になる症状は?

目覚めの悪さ、階段を下りるときに膝裏が痛い。
足の冷えで指が痺れる。歯磨きをするとえずく。

生理不順でもある。(生理前の痛みが強い)

プロセスと結果

両足と首に緊張がありました。お腹の張りもありました。

初回は足と首、内蔵疲労調整を中心とした施術にしました。
足は身体にとっては土台です。足の歪みがあったり緊張があると背中などに影響がでます。
内蔵は24時間働いています。内臓も疲れが出ると膨張します。優しい刺激で疲労回復を促します。
施術後は身体全体が軽くなって嬉しい!とおっしゃっていただきました。

2回目(初回から3日後)

胸やけ、げっぷが収まってきた。背中の痛みはほぼなし。
目覚めはまだ変化なし。階段を下りても膝うらの痛みはなし。
足の冷えは少し良くなった。

2回目は足、骨盤、内蔵疲労調整、首の調整で終了。

足の冷えが消えてきて暖かい!と喜んでもらえました。

3回目(2回目から6日後)

生理前の痛みがなく、目覚めが良くなった。
胸やけもさらに治まってました。
歯磨きのえずくことがなくなり、足の冷えも良くなりました。

3回目は足、内臓疲労調整と首の調整で終了。

4回目(3回目から1週間後)

調子よくなってファストフードを食べたら胃のあたりにきつさが出てしまった。
まだ本調子でないのに失敗したと反省の言葉。

治りかけが危険です。自分はもう大丈夫と行動しやすくなりますので
完全に良くなるまでは控えてほしいと話しました。
初回の時に話しておけばよかったと私自身の反省でもありました。

4回目は内臓疲労調整を中心に身体全体の調整で終了。

5回目(4回目から1週間後)

体調はかなりいい感じ、働こうと決意し探し始めるほどに。
胸やけもなし、足の冷えもなくなってました。
この日は足と内臓疲労調整、首の調整で終了。

現在(初回から半年後)

逆流性食道炎の症状は完全に消失し、生理前の痛みもなし。
体が調子いいので働けるようになりました。

現在は月に1回のメンテナンス通院で身体の維持をしています。

逆流性食道炎について詳しくはこちら

逆流性食道炎