院長紹介

_KMT6688.jpg

氏名 
河村哲也

生年月日 
1981年1月28日

出身地 
群馬県安中市

認定資格 
仙台操体医学院認定操体師
中国推拿整体療術師
SメソッドMagic Artsセミナー 修了
ニュートラルマインド基礎講座 終了
英語検定3級(持っているだけで読み書き・会話できません‼)

趣味 
ラーメン屋巡り
(最近は高崎市のはしご屋の一発ラーメンとだけだけラーメンにはまってます)
朝早く起きて犬の散歩
auto-cr8VIL.jpg
(メスで柴犬のまるです)
整体に関することの勉強
音楽(ロック)を聞く
(特に布袋寅泰、Acid Black Cherry)

【大きな不安に襲われて】

高校卒業後、富岡市の金属加工会社に就職しました。
重いものを持ったり、何時間も立ちっぱなしでの作業、
工場内の色んな油などの臭いで徐々に
体調不良が目立ち始めてきました。

肩こりや頭痛、慢性疲労で寝ても疲れがとれなかったりと。

そんな日々をすごしていたある日、
突然自分の人生について悩み始めました。

就職した当初はただなんとなく稼いで暮せればいいという考えが
急にこれではいけないと思うようになってきたのです。。

あまりにも悩みすぎて仕事でミスばかりしてしまい、
毎日上司から、先輩から怒られる日々が続いていました。

「なんでこうなってしまったんだ?」
「俺の何がいけなかったんだ?」

こんな思いが離れられない状態が何か月もありました。

精神的にも相当参っていて、うつ病っぽくなっていました。

こんな状態じゃ会社の方々に迷惑かけてしまうから
もう辞めるしかない。だけど、何をすればいいのか?

次が全く決まりませんでした。

ある時、肩こりとか治したいから整体を受けてみようかなと思い
とあるもみほぐしのお店にいくことにしました。

受けたその日は大丈夫でしたが、次の日には元に戻っていました。
何度も受ければ治るだろうと何か月も通いましたが
完全に治ることはありませんでした。

なんで治らないのか?自分が悪いのか?
そんな考えからある思いが出てきたのです。

【大きな不安から開放】

整体を受けると確かに体も楽になる。
精神的にも楽になるのは確かでした。

整体を学んでいけば自分にとって
大きな財産になるのではないか?

こんな想いがでてきたのです。

これだ。この道を進んでみようという気持ちになり
大きな不安がどんどん小さくなってきました。

整体で悩みを抱えている人たちの助けになりたい。
そんな自分の感覚を信じて整体学校の入学を決めました。

整体学校なら色々本格的に学べるだろうと。

私が受講したのは足つぼともみほぐしの整体でした。
これで新たな人生が始まるんだとわくわくしてました。

【わくわくから再び・・・】

いざ入学して受講したら正直嬉しさや感動があまりなかったのです。
あれ?何かが違うという気持ちが出てきたのです。

もちろん足つぼやもみほぐしは素晴らしいものです。
否定はするつもりは一切ありません。

何故あまり感動がなかったのか?
当時の私には全くわかりませんでした。

小さな不安が段々と大きくなってきたのです。

金属加工の仕事をしながら整体学校に通う日々を過ごしていましたが、
他にどんな整体や治療法があるか気になり調べていた時期がありました。

カイロプラクティック、オステオパシー、気功など
この世には沢山あるんだなとインターネットで調べていました。

そんな時偶然か、必然か操体法に出会いました。

【なんだこれ?】

調べてみたら直接患部に触れずに
肩こりや腰痛が治っていく手技だと知り、
初めはあまりというか、ほとんど信じられませんでした。

まずは動画があるか検索しました。

私が初めて拝見した操体法の動画はこちら

https://www.youtube.com/watch?v=789QynA3JNY

当時の感想は、はっきりいって頭の中で
はてなマークが多く飛んでいました。

これって、本当なの?という思いと同時に
とても気になっている自分がいました。

試しにこの操体法を体験しようと思い、
群馬で操体法を施術しているところを探しました。

偶然にも私が以前働いていた会社の近くに
操体法で施術をしているお店があったので驚きました。

【衝撃の体験】

初めて操体法を体験した感想は、驚きとビックリの連続でした。

自然と体が動いてきて、それもとても気持ちいい。
マッサージでは体感できない全く別の心地よさでした。

何度か通院させてもらったら慢性だった肩こりや腰痛など
どんどん改善していきました。

これだ。操体法がやりたいんだ。
本当に学びたいのはこれなんだと確信しました。

大きな不安から希望に切り替わっていました。
すぐに操体法を学べるところを探しました。

【大きな決断】

当時は操体法を学べるところは
私が知る限りはあまりありませんでした。
東京か仙台か京都ぐらいしかなかったと思います。

良い機会だから一度群馬から出て1人暮らしをしようと思い
仙台操体医学院で操体法を学ぼうと決断しました。

それからの行動はとても早かったです。

仙台に行ってアパートを探したり
親に移住したいと相談したりと。

あまりの行動の連続で友達や家族が
とても驚いていました。

そして群馬から旅立つ日の夜、
高速バスに乗り込んで仙台に向かったのです。

【師匠との出会い】

私が仙台に移住したのは12月半ばで、入学は1月でした。
ですが私は我慢できなくなり、つい電話をしました。

突然なことでも来ていいよと言ってくれました。
緊張しながら会いに行ったのは、はっきり覚えています。

何を話したのかはほとんど覚えていませんが、
師匠である今昭宏先生の器の大きさに感動していました。

【たのらく整体院の前は違う屋号でした】

私が操体法を学ぶために仙台に移住して
仙台操体医学院の授業のあとの食事会でのことです。

当初、私は苗字からとって「河村屋整体院」に
しようと考えていました。今先生や当時の学生のみんなが
「はちみつ整体院」にしたら?提案がありました。

私の父親は養蜂をしています。仙台操体医学院のみなさまに
父親が作り上げた蜂蜜を喜んで召し上がってくれました。

そんな流れもありみんなで提案してもらったのですが
正直そのときは(え~…)と思っていました。

その日の帰り路に今先生と今貴史先生に
車で当時住んでいたアパートまで送ってもらっていたときに
今先生からとても深いお話しをしていただきました。

以下枠内の文章は仙台操体医学院ブログ内の引用です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今です
こんばんは。

「みつばち操体」

お父さんが「はちみつ名人」の河村さんの代わりに
私がちょっとだけ書いてみます。
暇な人だけ読んでみてください。

みつばちさんは、日々花の蜜を巣に運びます。
だんだんハチの巣がはちみつで満たされてゆきます。
その蜜を私たちはおいしくいただけるわけで、
ありがたいわけです。

さて、みつばちさんはリンゴの実を実らせようとして
働いているのでしょうか?。
目的はぜんぜんそんなことではないわけです。

リンゴの実のことなど考えていないのに、
無意識にリンゴを作るお手伝い(受粉)を
してしまっているだけです。

みつばちさんたちは、きっと花の蜜がおいしいんだと思います。

操体の橋本敬三先生は、お医者さんなのにいつも
「治療など下の下だ」と笑っていました。
先生自身が気持ちよく生きていて、気持ちのいいように生きなさい。と
「感覚」の大切さを教えてくれるヒトでした。

できないこと(直す)は後にも先にも難しいものです。

みつばちの 姿に学ぶ ヒトの世の
仕組み解りて 何をなすかな

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このお話しを聞いてアパートについてからも感動していました。
このこともあり整体院名を「みつばち」を使おうと決心しました。

操体法にこだわっていきたいという気持ちから
「みつばち操体院」に決めました。

【まほろばを付け足した理由】

「まほろば」と付け足したのも理由があります。

私が群馬に帰る時期のことです。
医学院での授業の後の食事会である方から
「まほろば」の意味をお聞きして
この「まほろば」をつけたいと思ったからです。

その方とは、クリスタルボウル奏者、
ホリスティックセラピスト遠藤園子さんです。

園子さんは仙台を中心に
活躍されているクリスタルボウル奏者です。

クリスタルボウルとは、超古代文明アトランティスに由来する
ともいわれている楽器でもあり
ヒーリングツールや瞑想、
ヨガ等のBGMとして使われています。

園子さんは仙台操体医学院の講習会修了者でもあります。
今でも医学院に顔を出してくれて楽しいお話をしてくれます。

その時に園子さんから「まほろば」の
意味を教えてくれました。

「まほろば」とは、「まほろ」と「ば」の
二つの言葉が合わさったものなのです。

「まほろ」とは
このうえなくすばらしい
このうえなく美しい
このうえなくここちよいという意味であり

「ば」とは場所です。
「まほろ」と「ば」が合わさり
「このうえなく心地よい場所」
という意味になります。

まさしく私が目指していきたいそのものです。

まほろばの意味を知った私は、付け足したいと決心して
「みつばち操体院 まほろば」となりました。

【たのらく整体院に変更したきっかけ】

ある方に、このようなことを言われました。
「ここって、はちみつ売ってないの?そう思ってきたんだけど・・・」
またとある方に
「何のお店なんだか、分からないんですけど」

客観的に見て、確かにそうかも・・・と
少々落ち込みました(汗)

心機一転という気持ちも込めて
屋号を変更してみようと考え始めました。

私が整体のお仕事をして大切に感じていることは
「気持ちが楽しくなってもらい、身体が楽になっていただけること」
この気持ちが常にあります。

楽しく楽に。

たのしくらくに。

たのらく!
これだ!これでいこう!と決めました。

「こころが楽しく、からだが楽に」
をモットーのたのらく整体院に決めました。

今でも、前の屋号の「みつばち操体院まほろば」の
気持ちは捨てていません。

【整体師の役目として】

そして色々なご縁もあり故郷の安中市で開院しています。

この仕事で悩んでいる方たちの助けになれるよう、
日々学び続けて貢献していけるようにしていきます。

西洋医学や東洋医学でどっちが正しいとか間違っているとか
そんなことを言ってる場合ではないと思うのです。

症状に苦しんでいる人たちの苦しみを解放して
心から笑顔になってもらえるようお手伝いをする。

この思いを忘れずに精進していきます。